消費者金融の裏話

消費者金融 業界の裏!
昔から何かと話題の消費者金融。かくいう自分も二年前までとある消費者金融で働いてました。借り入れをする側ではなくて貸付をする側であるため、貸金業規正法、出資法、利息制限法についてはある程度頭には入ってるつもりです、二年しか在職してませんでしたけどwではまず消費者金融とは何か、について説明していきます。消費者金融とはいくつかある貸金業の内、消費者への金銭の融資を行う(貸付にあたる)業者の事を言います。おそらく誰もが知りたいと思う点は俗に言う過払い請求。今現在日本には利息に関しての法律が二つあります、それが利息制限法と出資法。利息制限法に関しては10万円未満20%、100万円未満18%、それ以上は15%という利息が定められている。出資法上限金利は29.2%である。消費者金融は基本的に出資法に基づいて営業を行ってきたが、実は利息制限法は強行法規であり、利息制限法を超える約定利息は民事的には無効。つまりこの利息の差分(この利息の差を俗に言うグレーゾーンと言う)、余計な金利を払っているのを取引明細で確認し、余計に払った利息の返還を求めるのが過払い請求というわけになります。しかし、法定の契約書類・受取証書が整備され、契約者が納得の上で自主的に払っている「任意の弁済」である場合は金利の支払として有効となり、消費者は返還を求めることができない、これをみなし弁済と言います。弁護士、司法書士が介入した場合また話が変わってきますが基本的に消費者金融と消費者のお互いの意見は平行線、というのが正解でしょう。退職後にわかった事だがこの消費者金融の金利に関する問題については現在、みなし弁済規定が貸金業法完全施行時に廃止されることで一応の決着を見ているとの事。これにより、グレーゾーン金利の廃止(出資法上限金利の引き下げ)、新規参入や融資額などの規制強化、罰則などの強化が行われる。2007年以降の動きとしては新規の顧客について銀行系消費者金融と同じ水準まで上限金利を引き下げ、審査を厳しくして融資先の絞込みを行い、優良顧客の獲得に躍起になったとも言えるでしょう。しかしこの結果うまく審査に通らない消費者が多数増え、闇金融へ誘われやすくなるのではないかという新しい問題に現在直面しているという事になります。
消費者金融
消費者金融についてあまり詳しく知らないという方でも安心、このサイトではわかりやすく、しかも丁寧に消費者金融の実態、裏話等を紹介していきます。過払請求、利息制限法、出資法、みなし弁済、グレーゾーン金利といったよくわからない難しい言葉だって解説しちゃいます♪元消費者金融で働いた経験もあるキャリアを活かした暴露話をみなさんに提供していくつもりなので(笑)みなさんよろしくお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。