ケータイに付属した機能、ケータイクレジットについて

今話題のケータイクレジットについて少し説明したいと思います。まず、最近よく聞くケータイクレジット機能の「iD」について。iDとは電子マネーを使ったクレジット決済、と把握して下さい。クレジットカード情報をケータイに設定、その後そのケータイ(もしくは対応カード)を読み取り機にタッチして利用する、といったものです。現在利用できる場所はコンビニや自販機が中心ですが、最近ではスーパー、飲食店等といった所でも使えるようになり需要が広がりつつあります。使い方としてはまず、クレジットカード会社のサイトからiDを申し込みその後iD設定アプリを起動してカード情報を設定したら使えるようになります。
一方QUICPayはJCBのクレジットカードユーザーが子カードとして持つといった位置づけになっている。わかりやすく言うとクレジットカードに“追加して”利用…と把握してもらえばわかりやすいと思います。本人名義のJCBカードを持つユーザーの家族がQUICPayを利用することも可能となっているらしいです。ちなみにQUICPayを利用できるカードは、JCBあるいはJCBのフランチャイズ社が発行しているJCBブランドのクレジットカードに限られてきます。事前のチャージは不要。使用上限は2万円。セブンイレブンやサークルKサンクスなどで使う事ができます。
UFJニコスが取り入れているケータイクレジットがSmartplus。これも基本はQUICPayと変わりません。なお、どちらも「モバイル型」と「カード型」を選択する事ができます。
モバイル型…俗にいうお財布ケータイ
カード型 …ビザタッチ/スマートプラス機能をプラスチックカードに搭載したもの
今の時代はケータイをクレジットカードとして利用できるような時代にまで発展したが、元消費者金融の人間としてはそう安易にクレジットカードの利用を薦める事ができない。
口座に100円以下しか入っていなかったとしても限度額いっぱいまで使えるのがクレジットカードの怖さ。仮に限度額が30万円だとしたらそのまま限度額いっぱいまで使う事ができる。クレジットカード会社は消費者を信用してその金額まで利用可能にしてるわけだから、仮に口座に残金がなかったとしても30万円まで「ツケ払い」が可能なわけです。その結果自分の懐事情以上に買い物を楽しんでしまい、後々返済に苦しんでしまう人を何人も見てきた。ハッキリ言ってしまえば自業自得だろうが、そういう状況を作った人間をたくさん見てきたので、このお財布ケータイを利用するのであれば強い自制心が必要になってくる。かくいう自分も一時期使いすぎて困った時期があるが…w
よほど自分を自制する自信がない限り、クレジット決済を利用する事はお薦めできない。消費者金融に限らず、クレジット決済でもなんでも利用をする場合は慎重に返済計画を考えた上で実行に移した方が無難かもしれない。
消費者金融
消費者金融についてあまり詳しく知らないという方でも安心、このサイトではわかりやすく、しかも丁寧に消費者金融の実態、裏話等を紹介していきます。過払請求、利息制限法、出資法、みなし弁済、グレーゾーン金利といったよくわからない難しい言葉だって解説しちゃいます♪元消費者金融で働いた経験もあるキャリアを活かした暴露話をみなさんに提供していくつもりなので(笑)みなさんよろしくお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。