消費者金融の出資法が利息の上限だった場合の利息額を計算

カードローンが29.2%だった場合の話、10万円借り入れたら一年間で29200円の利息がつく(あくまで返済をせず一年が経過した場合の利息)これを一ヶ月で換算すると(ここでは一ヶ月=30日と仮定)すると2400円の利息となる。
最低入金額が3000円からだったとするとギリギリの支払いで元金は600円しか減らず2400円は利息として消えていく事になる。


この時点で残債務は99400円、その後また30日分の利息がつく。99400円の29.2%は29024.8円、これを365で割り、さらに30でかける。すると利息は小数点以下切捨てで2385円、これが一ヶ月(30日)分の利息となる。ここでさらに最低額(3000円を入金した場合)やはり615円しか元金に充当しない。

もちろんこれは毎月30日経過後に3000円しか払わずに続けた場合の計算、少し金額を多めに入金したり、20日後に返済する事によってまた金額は大きく変わってくる。返済額は最低3000円、それ以上は自分の判断で、というのが消費者金融の甘い罠かもしれません。

まず借りた物を後日に返すというのはなぜか損をしてしまった気になってしまう…これは人間の心理だと思います。そこで最低入金額を決めておけば、返済がこんなに低額で済んだ、と安心してしまうでしょう。しかしそれこそが甘い罠、最低入金額分しか入金してなかったら本当にほとんどが利息で消えてしまうんです。

上の例だったら一ヶ月にまず2400円が利息としてついてるが一ヶ月10000円で払っていたら7600円元金に充当、残債務が92400円になる。92400円の年利は26980.8円、これを365でわって30でかけたら一ヶ月分の利息が出る。
一ヶ月分の利息は2217.6円になるがここでは2217円で考える。
ここで10000円入金されると7783円が元金に充当、残債務は84617円となる。

10000円入金していってもこれだけの利息がかかる。かなり高い印象を受けるだろう。

今はグレーゾーンの問題以降だいぶ金利が安くなっているがそれでも自分で利息を計算できるくらいにはなってた方がいいかもしれません。

とある会社は取引経過を改ざんするような会社まであったから、常に金額には目を光らせて注意する事が必要です
消費者金融
消費者金融についてあまり詳しく知らないという方でも安心、このサイトではわかりやすく、しかも丁寧に消費者金融の実態、裏話等を紹介していきます。過払請求、利息制限法、出資法、みなし弁済、グレーゾーン金利といったよくわからない難しい言葉だって解説しちゃいます♪元消費者金融で働いた経験もあるキャリアを活かした暴露話をみなさんに提供していくつもりなので(笑)みなさんよろしくお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。